【5,000円以上送料無料★】【メール便不可】薬用ボディミルク(妊娠線予防乳液)カネボウコスミリオンとの共同開発です★気になる部分に塗ってやさしくマッサージ♪のびが良く肌に潤いを与えます♪【10P14Jan11】

価格:¥1890- カードOK 送料別 税込み


■商品コード:rosemadame:10004750
Q 妊娠線ってなに?? 肌に紫色のヒビが入ったようにな線が出るのが妊娠線。一度出来てしまうと完全には消えないため、 マタニティ期の肌トラブルの中でもっとも大きな悩みと言われています。 Q どうして出来るの?? 皮膚は大まかに「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層構造に分けられます。 限りなく伸びる可能性のある「表皮」に比べ、「真皮」や「皮下組織」は代謝が悪く伸びが良くないため、 ベビーの成長とともにお腹が大きくなったり、急激な体重増加などで表皮が急に伸びると、真皮や皮下組織は その伸びについていくことが出来ず、断裂が生じます。 その断裂部分に表皮が落ち込み、 溝のようになってしまうのが妊娠線です。 出来やすい場所 おなか・二の腕・おしり・太もも・胸など、脂肪層の厚いところ見落としがちな胸や二の腕はこまめに 確認をしましょう。かゆみを感じたら皮膚が乾燥しているサインです。 かゆみは妊娠線のサイン!? 真皮や皮下組織が断裂するときに、表皮が引っ張られかゆみを伴うことがあります。これが妊娠線の 予兆です。 ※かゆみによって即妊娠線が出るわけではないので、このサインを危険信号として保湿を 徹底しましょう。 出来やすい時期 急激に体重が増えるころ、妊娠30週前後つわりが終わり、食欲が増して体重が増加し始める妊娠 5ヵ月以降や、ベビーがぐんぐん成長する8〜9ヵ月ごろが要注意です。 妊娠線は早い時期からの保湿ケアが大切! 個人の肌質が影響する妊娠線。アンケートの半数近くが出来てしまった という回答。しかし逆をいえばできなかったママもまた半数。 妊娠線のできなかったという回答者の多くは、妊娠中期以前からの スキンケアを行っていました。 お腹が大きくなる前からの早めのケアを目指しましょう!


レビュー平均:4.46
 
商品カテゴリ
おすすめサイト
ゴールドカード